見比べてみよう その2 


2枚の写真 見比べてみてください。


f0067040_0572830.jpg



f0067040_0575191.jpg

微妙に 違いわかるでしょうか?
いや、埃が付いてるのは申し訳ないですが、、、 スキャンだとでないかもな~

これ同じコマを 1枚目はRC紙 2枚目はバライタ紙でプリントしスキャンしてみたものです。
もちろん、紙自体違うので比較するのは意味無いかもしれません
① RC紙 フジ 多諧調紙 (2号)
② バライタ紙 オリエンタル GF-2
現像液 共にオリエンタル純黒調現像液 ストレート焼き



まず第1に 紙質の違いからくるとは思うのですが、RC紙の方が白が出ます。バライタ紙は若干クリーム色がかかっているからか、真っ白とはいかない。
 2に バライタ紙のほうが、微妙なところが生き残っています。 RC紙で黒くつぶれているところでも残っているのがわかるでしょうか、
 ただしこれに関しては、バライタには乾かすと黒さが増す(ドライダウン)というのをプリント時に加味しなければいけないのでまったく同じプリント状況であるともいえません。
 ただ、花の白い部分の諧調はほぼ同じように調整してはいます。(ややバライタの方が黒が濃いくらい) そこを考えるとバライタの方が残りやすいといえるかと思います。
 
 じゃあどっちがいいか バライタの方が良いのか
 見た感じもちろん紙の質感ではバライタの方が良いのですが、帰って不要な部分が黒く潰れている事によりRC紙の方がドラマチックに見えます。、もちろん諧調が残りやすいバライタ紙は焼き方の調整により、覆い焼きなどをすればRC紙の様な結果も出せるということにもなりますが、、 いやそれでも、白が引き立っているRC紙の方が目を引くような気もします。

これはもうお好みで というしかないのですが、 
おんなじ物を両方の紙で焼いてみたので 乗せて見ました。
あなたははどっちが好みでしょうか?
[PR]

by mono-photo | 2006-06-19 00:56 | モノクロ

<< あうう~~ 苦しい時のアロマ頼み できあがりの料理から  >>