2009-11-22

f0067040_23101863.jpg

イルフォード デルタ100
イルフォード RC光沢
2009 TOKYO


今日はいろいろと回る。

東京現代美術館
レベッカ・ホルン展
あ~素晴らしかったなぁ~ 
何が素晴らしかったんだろう空間? いや それだけではないな。
シニカルではあるが厳か。

ラグジュアリー:ファッションの欲望展
以前、京都でやっていて良いな良いなと思っていた企画展。
特定のブランドはともかく 服装(装飾)を体系的にみせるというのは価値があると思う。
ただ ラグジュアリーとしての服装といっても、、まあいろいろあるわけで。
少ないかな? 掘り下げ不足かな? と思わないでもない。
とはいえ 見ていて面白い展示。
特にコムデギャルソンの空間展示は 一見の価値がある。これだけに1200円払ってもよいくらい。
畠山直哉による、出展作品の等倍平面写真有り

井上雄彦 バガボンドの巨大肉筆画は まるで仏画のようだ。

まだ見ていないものも かなりあるので 再訪予定。

コニカミノルタプラザ 
中藤毅彦写真展「サハリン」
・・・・変わっていっているような気がするんだが それは何なのかが言語化できない。
距離感。 とも違うような気がする。。
少し考えながら次回の写真展を待つ。 楽しい。


With Zakka +
若林 泰子 写真展 「BIG busy 2009」
以前(といっても私が見に行ったのはちょうど1年前のものだが)よりも、
シャープさ というか 目を引くだけのもの がどんどんそぎ落とされている。
とりあえず お話を だいぶしてしまった
(私のことばかりしゃべっていたような気がするが)
まあ 諸々の話 詳しくは、、秘密です。 これからのネタになるかもしれないので。

もしこれを見ている2B関係者がいたら
是非とも、特に若い人は見ていってほしい。
接点がある人が 写真展をやっているのを見に行って、
お話をしたり聞いたりするというのか結構かけがえの無いこと、
(あなたがまったく知らない人に、ズバズバと話を聞ける性格であると言うなら別だが)
0.25展示分ぐらいの経験値にはなると思う。


しかし なかなか 小さい所用があるので、遠出できない。。
[PR]

by mono-photo | 2009-11-23 00:31

<< 大人の味 いつかDになる >>