HOLGA 改造 1)  圧板を入れてみよう


未完成カメラ HOLGA とりあえずためし撮りはしてみましたが、それはあくまでシャッター切れるか試したぐらいのこと、 ちゃんと使うためには前もって準備が必要です。

っと言うのはいいすぎか・・・・

ただ構造上 圧板が存在しない状態なので
フィルムの平面性が損なわれてピントが微妙に会わないとか、片ピントとか
フィルムの巻取りが上手くいかない等々の危険性があります。

とりあえずHOLGA使うには圧板入れたほうが良いらしい。

やり方はいろいろあるみたい。詳しくはネットで調べてもらうことにして、

私の場合


f0067040_1204896.jpgこの裏蓋のフィルム覗き窓に近いところに、ちょっと高いところがあるので、その1段高くなってるところに ちょい厚めの両面テープ(0.9mm)を貼って、さらにモルト1.5mm(カメラ用遮光材・スポンジみたいなやつ)をクッション代わりに貼る。


そんで

f0067040_1223092.jpg
テレカにフィルムの窓が見えるように穴あける。こりは裏蓋側は光が反射しないようにパーマセルテープ貼ってみました。効果は分かりません。

                                                                                 

モルトの上にテレカ張りました。 それだけ、以上 終了です。




ちょっぴりグレードアップ
f0067040_133062.jpg

(特に書いてないけどステップアップリング使ってレンズシェードつけてる これについてはいずれ)
[PR]

by mono-photo | 2006-05-19 23:42 | トイカメラ(HOLGA)

<< 書くのは今度。 本日二回目の更新 見返り猫 >>