今年の夏は暑かった。

7月8月通り越して9月


そういえばblogを復活させたものの ほとんど書いているものといえば現代美術系の展示閲覧がほとんどで文字にしてみて自分で愕然としました。もちろん写真は好きですし、現代美術系の展示といっても入口が写真から入ったようなものが多いのですが、
写真は一時ほどではないにしろ適度に撮ってプリントは---- いや今年の夏はまるで撮らなかったな--- 撮ろうという意識自体はありますが、いつの頃からか日々の積み重ねをまとめる作り方より、命題へアプローチをしてまとめるという方向へ作り方が変わってしまったために、日々日々の写真を撮ることが全体的に減ったと言うのが大きいと思います
またプリントの方もアプローチ的なものはカラープリントで作ることが増えたこともあり、モノクロを紙焼きをする機会はかなり減ってしまってもいます。プリントの行為自体は大好きなんですが、

また、なんというのだろうか、フェチ的な あくまでもフェチ的なモノクロ写真の見方だとかそういうのも未だに大好きですが、ただ一方で、以前よりもキャプションを重要視している自分もいます。以前はどうあれプリントさえ良ければといっていたのに、そういう振り返りをすれば、数年前の私の写真に対する接し方は大きく変わってしまったといえるかもしれません。

一体いつからこのように変わってしまったのか思い出すことはできませんが、ただ、戻ることはできないんだろうなと思う。1回自転車にのれるようになってしまったら自転車を乗れる前に戻ることは自分の力だけでは難しいのと同じように。

ですからその中でここはちょいちょい模索しながら続けていければいいかなと思っております。
[PR]

by mono-photo | 2013-09-06 16:08 | 無し

<< Intermission 2013-06-30 >>