2013-06-30

東京都現代美術館
フランシス・アリス展 第2部ジブラルタル編
初日(土曜)に行こうとしたら作家が来ているという情報があったので、見送り
まあへそ曲がりなんです。あと作家を見てしまうと良く見える流されやすいんです。

ひとつの作品(大きなプロジェクト)の構想から実践までを時系列に並べるという手法
この手法は今年見た中でギャラリー間「ここに、建築は、可能か」を
いやでも思い起こさせるあれは、、、素晴らしかった。

何が違うのかといえば、、根本な”その問題に対しての私の切迫感”これがない
また作家にも薄い気がするんだが、、
いや、現代美術でいつも悩む所がこれでしてね。あなたは誰なんだと
f0067040_23514649.jpg

[PR]

by mono-photo | 2013-07-02 23:51

<< 今年の夏は暑かった。 2013-06-22 >>