気が付けば、、、

35㎜のカメラはほぼライカになってしまった。
以前は何が良いのかと言っていたのに、、、

私の場合そうなった原因は簡単でプリントが焼きやすく感じるから。という一点
使いやすさとかはなれてしまえば良いと思う性質なのでそこまでは関係ない
それでも1社に偏ってしまったのはやはりプリントがしやすいから
でもそうなるとカメラを買うからにはプリントしなければならないわけで
とりあえず現在の所は 受けて立ててます。今のところは
ただそれはフィルムが印画紙が無くなったら やっぱりライカを手放す
そういう話でもあります。
まだ想像もつかないな



f0067040_2345437.jpg

最初に買ったM2
革ボロボロ へこみぼこぼこ
来週あたりに修理にだすかな
[PR]

# by mono-photo | 2015-02-23 23:12 | カメラ

Intermission

明確に意思を持って写真を始めた日付を覚えている。あと僅かで10年になる

恐ろしいほどそのあいだに取り巻く環境は変化して、
10年前と言えばちょうどフィルムカメラとデジタルカメラの販売比率が逆転したあたり(もちろんフィルムカメラは新品である)のことであったが いまや(そんなものはほぼないのだが)ニュースで伝わるフィルムのニュースはため息が出るものしかないし
ネットと言えば確か10年前はブログが全盛から衰退へ向かう一歩目くらいの時期だったように記憶している twitterはまだない SNS自体も産声を上げたくらいだ
その後SNS全盛の時代となり当時あったブログの多くは打ち捨てられ、それはさらに震災を機会に加速した。

先日学生時代にホームページを作ったような話を何かの拍子にしたら業者の人ですかと聞かれたほどインターネットは一般化している。

10年前当時はM7が新発売された頃だが今は、、、、地球の回り方は加速でもしてるのだろうかと疑ってしまう。
[PR]

# by mono-photo | 2015-02-19 13:45 | 写真全般いろいろ考

今年の夏は暑かった。

7月8月通り越して9月


そういえばblogを復活させたものの ほとんど書いているものといえば現代美術系の展示閲覧がほとんどで文字にしてみて自分で愕然としました。もちろん写真は好きですし、現代美術系の展示といっても入口が写真から入ったようなものが多いのですが、
写真は一時ほどではないにしろ適度に撮ってプリントは---- いや今年の夏はまるで撮らなかったな--- 撮ろうという意識自体はありますが、いつの頃からか日々の積み重ねをまとめる作り方より、命題へアプローチをしてまとめるという方向へ作り方が変わってしまったために、日々日々の写真を撮ることが全体的に減ったと言うのが大きいと思います
またプリントの方もアプローチ的なものはカラープリントで作ることが増えたこともあり、モノクロを紙焼きをする機会はかなり減ってしまってもいます。プリントの行為自体は大好きなんですが、

また、なんというのだろうか、フェチ的な あくまでもフェチ的なモノクロ写真の見方だとかそういうのも未だに大好きですが、ただ一方で、以前よりもキャプションを重要視している自分もいます。以前はどうあれプリントさえ良ければといっていたのに、そういう振り返りをすれば、数年前の私の写真に対する接し方は大きく変わってしまったといえるかもしれません。

一体いつからこのように変わってしまったのか思い出すことはできませんが、ただ、戻ることはできないんだろうなと思う。1回自転車にのれるようになってしまったら自転車を乗れる前に戻ることは自分の力だけでは難しいのと同じように。

ですからその中でここはちょいちょい模索しながら続けていければいいかなと思っております。
[PR]

# by mono-photo | 2013-09-06 16:08 | 無し

2013-06-30

東京都現代美術館
フランシス・アリス展 第2部ジブラルタル編
初日(土曜)に行こうとしたら作家が来ているという情報があったので、見送り
まあへそ曲がりなんです。あと作家を見てしまうと良く見える流されやすいんです。

ひとつの作品(大きなプロジェクト)の構想から実践までを時系列に並べるという手法
この手法は今年見た中でギャラリー間「ここに、建築は、可能か」を
いやでも思い起こさせるあれは、、、素晴らしかった。

何が違うのかといえば、、根本な”その問題に対しての私の切迫感”これがない
また作家にも薄い気がするんだが、、
いや、現代美術でいつも悩む所がこれでしてね。あなたは誰なんだと
f0067040_23514649.jpg

[PR]

# by mono-photo | 2013-07-02 23:51

2013-06-22

伊香保 ハラミュージアムアーク
「紡がれた言葉-ソフィ カルとミランダ ジュライ」
品川のハラミュージアムで行われているソフィカルの初期作品と
映画監督としても知られるミランダジュライの作品
渋川くんだりまで高速バスで

共に感情を揺さぶられるもの
社会ではなく人間的な共通の苦悩を共感させるもの
互いの固有の文化というのをすんと飛び越えてしまえることが アートという言語の良い所なのだろう
展示自体は重め、伊香保までこれを観に行って重くなって帰ってくるというのは中々である

あと、こういうのを見ると周りのアートはもっと嘘をついていいと思う
現代美術論をするつもりはないが、そもそもカメラは道具だから


しかし、、観ているのが写真よりも現代美術が多いのはどうしたものか、
蛇足だが次回からお金かかっても車で行くべきということを痛感 坂が多いですよ
次の日 謎の筋肉痛で動けず。

デジカメをPCに繋ぐの忘れている
f0067040_23332911.jpg

PIVI300
[PR]

# by mono-photo | 2013-06-27 09:38

行方 6月後半(随時更新)

カラーハンティング展  21_21 DESIGN SIGHT  6/21~10/6
フランシスアリス 2期  東京都現代美術館   6/29~9/8
手塚治虫×石ノ森章太郎  東京都現代美術館   6/29~9/8
MOTコレクション 第1部   東京都現代美術館   6/29~9/8
日本写真の1968      東京都写真美術館     ~7/15
写真のエステ       東京都写真美術館     ~7/7
比嘉 良治「琉球諸島」 ギャラリー冬青、 ~6/29
1965~ Daido Moriyama Gallery 916 ~7/20
仲田絵美展「よすが」 ガーティアンガーデン 6/24~7/11
都市の無意識      東京都近代美術館     ~8/4
Gregor Schneider    TOLOT/heuristic      ~7/27
Diary of a Thief   SUNDAY ISSUE        ~6/23
紡がれた言葉   ハラミュージアムアーク     ~6/26
須田一政写真展 ゴールデン街nagune 6/24~7/20

7月
小野啓 New Text プレイスM
亀山 仁 Thanaka ギャラリー冬青
[PR]

# by mono-photo | 2013-06-18 14:01

2013-06-09

1週間前のことはだいたい忘れます。

東京都現代美術館 フランシスアリス MEXICO SURVEY メキシコ編
基本的には社会的風刺(但し嫌に暗いものではない)ではあるのだが
同時にシンプル且つ明快であるとともに物事の抽象化を図っている
知ってる人は面白く知らない人も面白い。

その後表参道の間違えた出口で降りて ラットホールギャラリーを前に
深瀬さんのことを思い出す。なくなってから一年も経つ。

(写真はそのうち)
[PR]

# by mono-photo | 2013-06-18 10:42

2013-06-08

東京オペラシティアートギャラリー 梅佳代展
以前は苦手だったがある時から好きになった梅佳代
好きになった?のはちょっと違うかもしれないが、まあ天才だなと

近く書くけど 家族写真は良い。日常にこそ光がある。
朝方 写真は見せなくては写真じゃないなんて書いてあるのを見てうんざりだ。
そんなことはない ”作品”だったらそうかもしれないが、
作品でなければ写真にあらずということは無い 

午後
2年前に写真を通してであった人たちとBEER

写真はたのし
f0067040_013726.jpg

[PR]

# by mono-photo | 2013-06-12 00:02

2013-06-01

ヘアアーティストのYUUKとフォトグラファーの蓮井元彦とのコラボレーション(原文まま)
10FACE 展
自分は写真を撮る人のほうに感情移入してしまうから感想は難しい 
こういうコラボはよほどのことはないと だって共に自分出てないと駄目なわけで
雑誌に載ってる蓮井さんの写真嫌いではないのだけど 
ただヘアメイクの人の素材をどうにかして撮ったという感じがどうしてもあった
両方知ってる人はそうでもないのかもしれない。
女の子はかわいい

会田誠×大竹昭子トーク(カタリココ)
作品を作る。コマーシャル(作品を売る)というのを見越さないで作品を作るということなど
また作品の政治性、会田氏の作品はしばしば政治的に問題とされるが、
本人的にはすれすれを飛ぼうという意識こそあれど 政治的意図はないそんなものない

人は恣意的にしか見ない だからマイナーチェンジが売れる
f0067040_2302675.jpg

[PR]

# by mono-photo | 2013-06-04 22:59

2013-05-29

森美術館 LOVE展
     ダリに見ほれるも時間がなくて後半急ぎ目
     かなりキュレーションを程よくもがんばってる感じ◎
     チケットあるので再訪予定


”見せること”を語ることはあれど
"観る"ということをあまり語ることは日々多くない
しかしながらこの日は多かった。
一方的であるかもしれないが共感覚を感じることの幸せ
自分が再構成される高揚感

(写真はそのうち)
f0067040_22492948.jpg

[PR]

# by mono-photo | 2013-06-04 10:03 | 無し